江戸人物科学史 : 「もう一つの文明開化」を訪ねて

金子務 著

日本に「もう一つの文明開化」があった。鉄砲伝来から日米和親条約に至る時期である。特に江戸時代には、漢学的素地の上に南蛮文化が彩りを添え、蘭学が栄えて、重層的、多面的な学問風土が醸成された。明治以降の近代化は、この長い熟成期があって初めて達成できたものなのである。身分を問わず、旺盛な知的好奇心と飽くなき探求心によって科学的思考を進め、新技術を開発した先人三十六人の事績を、ゆかりの地に訪ねる。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 江戸前期-生年一五五四〜一六六八(角倉了以-水運開発の豪商
  • 千々石ミゲル-西洋理法への開眼者 ほか)
  • 第2章 江戸中期-生年一六九一〜一七三八(丹羽正伯-薬園開祖の本草学者
  • 青木昆陽-蘭学を先導した甘藷先生 ほか)
  • 第3章 江戸後期-生年一七四七〜八九(司馬江漢-夢中の窮理銅版家
  • 山片蟠桃-無鬼論の大坂町民学者 ほか)
  • 第4章 幕末期-生年一七九三〜一八三八(渡辺崋山-蘭学の大施主
  • 宇田川榕庵-近代化学の先駆者 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 江戸人物科学史 : 「もう一つの文明開化」を訪ねて
著作者等 金子 務
書名ヨミ エド ジンブツ カガクシ : モウ ヒトツ ノ ブンメイ カイカ オ タズネテ
書名別名 Edo jinbutsu kagakushi
シリーズ名 中公新書
出版元 中央公論新社
刊行年月 2005.12
ページ数 340p
大きさ 18cm
ISBN 4121018265
NCID BA74728373
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20973336
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想