心中への招待状 : 華麗なる恋愛死の世界

小林恭二 著

日本の文化に深く根付く「心中」。なぜ人はその最期を求めようとするのか…。始祖、近松門左衛門「曽根崎心中」の本質を鋭く見抜き、究極の美の在り処を探る三島賞作家の問題作。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 元禄大坂発、日本初の心中ブーム
  • 第2章 遊女・イン・ザ・グラマラスタウン
  • 第3章 「粋人」徳兵衛
  • 第4章 名作の癌
  • 第5章 恋愛死に走る「男と女」
  • 第6章 華麗なる道行
  • 第7章 「はやくはやく、殺して殺して」
  • 第8章 近松とシェイクスピア、恋は黄泉路へ

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 心中への招待状 : 華麗なる恋愛死の世界
著作者等 小林 恭二
書名ヨミ シンジュウ エノ ショウタイジョウ : カレイナル レンアイシ ノ セカイ
シリーズ名 曽根崎心中
文春新書
出版元 文藝春秋
刊行年月 2005.12
ページ数 212p
大きさ 18cm
ISBN 4166604848
NCID BA74711009
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20956122
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想