必笑小咄のテクニック

米原万里 著

短くて人を笑わせる話-単にネタを暗記するのではなく、笑いの構造を理解すれば、臨機応変・自由自在に小咄を創り出せる。本書では、日本人離れしたユーモアセンスの持ち主である著者が、世間に流布する笑いの法則を突き止めて分類し、自作も含めて豊富な例をあげながら、笑いの本質に迫る。詐欺にも似た、相手を錯覚させる方法、同じ内容の順番を変えるだけで悲劇が喜劇になる方法、マクロとミクロを反転させる方法など、思いがけないオチをつけるテクニックをマスターして、窮地に立ったときこそ、周囲に笑いを呼び込もう。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 詐欺の手口
  • 悲劇喜劇も紙一重
  • 動物と子どもには勝てない
  • お株を奪って反撃
  • 木を見せてから森を見せる
  • 神様は三がお好き
  • 誇張と矮小化
  • 絶体絶命の効用
  • 言わぬが花
  • 悪魔は細部に宿る
  • 権威は笑いの放牧場
  • 耳を傾けさせてこその小咄

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 必笑小咄のテクニック
著作者等 米原 万里
書名ヨミ ヒッショウ コバナシ ノ テクニック
書名別名 Hissho kobanashi no tekunikku
シリーズ名 集英社新書
出版元 集英社
刊行年月 2005.12
ページ数 205p
大きさ 18cm
ISBN 4087203239
NCID BA74710152
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20950308
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想