食べても平気?BSEと食品表示

吉田利宏 著

BSE感染牛の発見と牛肉虚偽表示事件は、食品表示制度や「食の安全」についての世間の関心を高めることとなった。だが、食品表示に関する法律や、表示そのものが意味することは、複雑で一般消費者は簡単には理解できない。品質表示、アレルギー表示、トクホマーク、栄養成分表示に、遺伝子組換えに関する表示…パッケージに書かれている、これらの詳しい情報はどんな意味をもつのだろう。本書では、さまざまな食品表示やマークの意味、注目のBSE対策やトレーサビリティシステムなどを解説。食品行政を検証し、独自の提言を盛り込みながら「食の安全」とどう向き合うべきかを問う。そのひと口は、あなたにとって、食べても平気と言えるだろうか。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 食品表示の誕生
  • 第2章 品質に関する表示
  • 第3章 健康に関する表示
  • 第4章 安心や信頼のための表示
  • 第5章 BSEは何を残したか?-変わる食品行政
  • 第6章 よりよい食品表示を求めて-BSE後の表示改革
  • 第7章 表示をめぐる環境の変化
  • 第8章 食品表示をこう変えよう!こう守ろう!
  • 最終章 食育のススメ

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 食べても平気?BSEと食品表示
著作者等 吉田 利宏
書名ヨミ タベテモ ヘイキ BSE ト ショクヒン ヒョウジ
書名別名 Tabetemo heiki BSE to shokuhin hyoji
シリーズ名 集英社新書
出版元 集英社
刊行年月 2005.12
ページ数 205p
大きさ 18cm
ISBN 4087203220
NCID BA7471004X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20950310
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想