維納の殺人容疑者

佐藤春夫 著

江戸川乱歩が「日本探偵小説中興の祖」の一人として名を挙げる文豪・佐藤春夫の描いた異色の「法廷ミステリー」。一九二八年七月、ウィーン郊外で起こった女性殺害事件-グスタフ・バウアー事件の裁判を、「述べて作らぬ」という"纂述"の形を借りながらも、人間心理の深奥に迫るドラマへと昇華した冒険作。被告、検事、弁護士、そして様々な証人たちの手に汗を握る虚実のかけひきの末に出された判決は…。

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 維納の殺人容疑者
著作者等 佐藤 春夫
書名ヨミ ウィーン ノ サツジン ヨウギシャ
シリーズ名 講談社文芸文庫
出版元 講談社
刊行年月 2005.12
ページ数 320p
大きさ 16cm
ISBN 4061984268
NCID BA7469999X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20958698
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想