ヨーロッパ統合と国際関係

木畑洋一 編

ヨーロッパ連合が25ヵ国に拡大した現在、トルコの加盟問題を含め、さらなる拡がりを模索するなかで、世界のなかでの「ヨーロッパ」の位置を、とくにかつての植民地などとの関係において描き直す。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 ヨーロッパ統合の歴史的展開(国際関係史のなかのヨーロッパ統合-非ヨーロッパ世界との関わりから
  • ヨーロッパ統合におけるフランス-政治家のヨーロッパか、企業のヨーロッパか(1920‐90年)
  • ヨーロッパ経済共同体設立交渉とピエール・ユーリ-海外領土包摂問題をめぐる仲介 ほか)
  • 第2部 市民とヨーロッパ統合(「ヨーロッパ市民権」はいかにありうるか
  • 人の移動をめぐる共同国境管理体系とEU
  • 国境を挟む協力-イタリア・スロヴェニア国境の町ゴリツィアの事例)
  • 第3部 ヨーロッパ統合と対外関係(「9.11」後のバルセロナプロセス-地中海におけるEUの包括的安全保障と「文明の対話」
  • グローバル化の中のドイツ外交-シュレーダー政権におけるドイツ外交の変容
  • ロシアのエネルギー政策とEU)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ヨーロッパ統合と国際関係
著作者等 木畑 洋一
Fridenson Patrick
小川 有美
岡部 みどり
芝崎 祐典
藤田 憲
フリダンソン パトリック
書名ヨミ ヨーロッパ トウゴウ ト コクサイ カンケイ
出版元 日本経済評論社
刊行年月 2005.12
ページ数 302p
大きさ 22cm
ISBN 4818817988
NCID BA74698181
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20970869
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想