経済数学入門

佐々木宏夫 著

経済学の理解に不可欠な数学をわかりやすく解説。数式は最小限に抑え、経済学でどのように使うかまでを丁寧に紹介します。「酔っ払いの足の動きから確率を学ぶ」「一を聞いて十を知ることは微分を学ぶことと同じ」など、身近な事例を用いてわかりやすく説明します。証明等の細部にはこだわらず、結論を明快に提示。経済学を学ぶ上で利用価値の高い定理、命題、公式等が満載です。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 微分と積分(微分の効能
  • 関数とグラフ-「関係」を捉える
  • 関数の極限
  • 微分とその応用
  • 積分とその応用)
  • 2 確率の考え方(確率とは?-偶然性の科学
  • 事象と確率
  • 条件付き確率とベイズの定理-情報の役割を考える)
  • 3 確率論の展開(確率変数と独立な試行
  • 確率関数と確率密度関数
  • 大数の法則とその応用)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 経済数学入門
著作者等 佐々木 宏夫
書名ヨミ ケイザイ スウガク ニュウモン
シリーズ名 経済学入門シリーズ
日経文庫
出版元 日本経済新聞社
刊行年月 2005.12
ページ数 206p
大きさ 18cm
ISBN 4532110823
NCID BA74681950
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20952165
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想