不勉強が身にしみる : 学力・思考力・社会力とは何か

長山靖生 著

四〇歳を過ぎた。親として子に何かを教えようとしたとき、ふと、自分の生きざまを問われ、恥じ入りたい気持ちになる。子供に読んでやる文章が、自分自身の身にしみる。この年になってやっと、本当の勉強の意味に気付いた気がする-。学力低下不安から、子供にお勉強をさせることは、一種のブームと言える盛り上がりを見せている。しかし現在の日本人の不勉強ぶりは、子供にお勉強をさせればいいというレベルをとうに超えている。自戒を込めて言えば、すでに大人からしてダメである。本書は、凡庸な親が自分も勉強しなくてはならないと考え、しかし何をどうやって学ぶべきか、そもそも勉強とは何だっけ、といった事柄を、国語・倫理・歴史・自然科学といった広い分野にわたって思い悩むドキュメントである。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 不勉強社会ニッポンの現実
  • 第1章 そのお勉強でいいの?
  • 第2章 読書のすすめ、もしくは戒め
  • 第3章 倫理は教えられるか、学べるか
  • 第4章 「正しい歴史」は存在するか
  • 第5章 自然科学と論理的思考力
  • 第6章 「好きなら伸びる」は本当か

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 不勉強が身にしみる : 学力・思考力・社会力とは何か
著作者等 長山 靖生
書名ヨミ フベンキョウ ガ ミニシミル : ガクリョク シコウリョク シャカイリョク トワ ナニカ
書名別名 Fubenkyo ga minishimiru
シリーズ名 光文社新書
出版元 光文社
刊行年月 2005.12
ページ数 240p
大きさ 18cm
ISBN 4334033334
NCID BA74675674
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20952835
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想