中世瀬戸内の流通と交流

柴垣勇夫 編

[目次]

  • 考古学研究による中世流通史研究の成果と課題
  • 中世の物資流通研究と瀬戸内地域
  • 兵庫をめぐる流通と交流-「兵庫北関入船納帳」にみる安芸・伊予国以西との関係
  • 中世の瀬戸内海水運における尾道の位置
  • 草戸千軒をめぐる流通と交流
  • 中世流通の東と西-紀伊半島の意義を主に
  • 擂鉢・甕に見る中世瀬戸内の流通
  • 滑石製石鍋の産地同定と流通
  • 海賊の遺跡と流通
  • 博多への国産遺物の流入
  • 瀬戸内・熊野・伊勢

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 中世瀬戸内の流通と交流
著作者等 中村 徹也
今岡 照喜
伊藤 裕偉
前川 要
大庭 康時
早坂 康隆
松井 輝昭
柴垣 勇夫
柴田 圭子
橋本 久和
矢田 俊文
綿貫 友子
荻野 繁春
藤田 裕嗣
鈴木 康之
書名ヨミ チュウセイ セトウチ ノ リュウツウ ト コウリュウ
出版元 塙書房
刊行年月 2005.12
ページ数 314p
大きさ 22cm
ISBN 4827312001
NCID BA7467473X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21049517
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想