寺社縁起の文化学

堤邦彦, 徳田和夫 編

あらゆる「縁起的なるもの」を捕捉し、系統解剖学のごとく体系化することで、縁起研究を宗教研究の補助手段から解放し、文化学の要部へと位置づける。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 寺社縁起の生成と展開
  • 2 変容する寺社縁起
  • 3 縁起の機能-鎮魂と救済
  • 4 女性文化圏と縁起
  • 5 演じられる縁起・道具としての縁起
  • シンポジウム 「縁起学」の可能性

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 寺社縁起の文化学
著作者等 久野 俊彦
伊藤 慎吾
佐谷 真木人
加藤 基樹
北城 伸子
堤 邦彦
大島 由紀夫
山田 厳子
川島 秀一
徳田 和夫
恋田 知子
橋本 章彦
福原 敏男
花部 英雄
菊池 政和
藤巻 和宏
西山 美香
書名ヨミ ジシャ エンギ ノ ブンカガク
書名別名 Jisha engi no bunkagaku
出版元 森話社
刊行年月 2005.11
ページ数 366p
大きさ 22cm
ISBN 4916087593
NCID BA74630676
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20959383
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想