西洋近世哲学史

量義治 著

ルネサンス以降、ダイナミックに展開した西洋の哲学。現代哲学の肥沃な地盤となった近世哲学は、哲学の主題、主観に新たな理解を加え、自己意識を大きく深化させた。新しい人間、新しい神、新しい世界の発見。エラスムスからデカルト、カント、ヘーゲルに至る流れをキリスト教との関わりにおいて巨視的に見据え、現代思想へと熟成してゆく近世哲学を明解に概説する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 近世哲学の概観
  • 揺籃期の哲学1-ルネサンスの哲学
  • 揺籃期の哲学2-宗教改革
  • 揺籃期の哲学3-科学革命
  • 合理論の哲学1-デカルト
  • 合理論の哲学2-スピノザ
  • 合理論の哲学3-ライプニッツ
  • 経験論の哲学1-ベーコンとホッブズ
  • 経験論の哲学2-ロック
  • 経験論の哲学3-バークリとヒューム
  • 批判哲学1-形而上学
  • 批判哲学2-道徳と宗教
  • ドイツ観念論の哲学1-フィヒテ
  • ドイツ観念論の哲学2-シェリング
  • ドイツ観念論の哲学3-ヘーゲル

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 西洋近世哲学史
著作者等 量 義治
書名ヨミ セイヨウ キンセイ テツガクシ
書名別名 Seiyo kinsei tetsugakushi
シリーズ名 講談社学術文庫
出版元 講談社
刊行年月 2005.12
ページ数 316p
大きさ 15cm
ISBN 406159737X
NCID BA74626850
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20953801
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想