実存から実存者へ

エマニュエル・レヴィナス 著 ; 西谷修 訳

世界の内に生きて「ある」とはどういうことなのか。20世紀哲学の開拓者たちが深めてきたこの問いを、レヴィナスは捕虜収容所というギリギリの状況下にあって出発点から問い直した。フッサールやハイデガーの思想にいち早く透徹した理解を示しつつも、つねに批判的な参照項として、ギリシャ以来の合理主義と手を切った地点から新たな展望を開いてみせる。非人称的な「ある」ことが、「私」として「実詞化」され、糧を求め、他者に出会い、夜一人目醒め、芸術や神に関わる…。レヴィナス初期の主著にして、アウシュヴィッツ以後の哲学的思索の極北を示す記念碑的著作。存在は「悪」なのか-。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 実存との関係と瞬間(実存との関係
  • 疲労と瞬間)
  • 世界(志向
  • 光)
  • 世界なき実存(異郷性
  • 実存者なき実存)
  • 実詞化(不眠
  • 定位
  • 時間へ)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 実存から実存者へ
著作者等 Lévinas, Emmanuel
西谷 修
L'evinas Emmanuel
レヴィナス エマニュエル
書名ヨミ ジツゾン カラ ジツゾンシャ エ
書名別名 De l'existence a l'existant
シリーズ名 ちくま学芸文庫
出版元 筑摩書房
刊行年月 2005.12
ページ数 255p
大きさ 15cm
ISBN 4480089543
NCID BA74624298
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20970189
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 フランス語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想