幾何学基礎論

D.ヒルベルト 著 ; 中村幸四郎 訳

20世紀の数学はヒルベルトを抜きにしては語れない、と言われるドイツ数学界の巨峰37歳の処女作。没後に改訂第8版が刊行されたほど、重要かつ長く読み継がれてきた書。ユークリッド幾何学の全公理を結合・順序・合同・平行・連続の5種の公理群にまとめ、相互の独立性を完全に証明した。公理論的方法が成功を収めた典型例であり、数学全般の公理化への出発点となった記念碑的著作。またユークリッド「原論」同様、影響は数学にとどまらなかった。なお本書には、論文「数の概念について」と著名な講演「公理論的思惟」を併収。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 幾何学基礎論(五つの公理群
  • 公理の無矛盾性および相互独立性
  • 比例の理論
  • 平面における面積の理論
  • デザルグの定理
  • パスカルの定理
  • 公理1‐4に基づく幾何学作図)
  • 数の概念について
  • 公理論的思惟

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 幾何学基礎論
著作者等 Hilbert, David
中村 幸四郎
ヒルベルト D.
書名ヨミ キカガク キソ ロン
書名別名 Grundlagen der Geometrie. (7.Aufl.)
シリーズ名 ちくま学芸文庫
出版元 筑摩書房
刊行年月 2005.12
ページ数 242p
大きさ 15cm
ISBN 4480089535
NCID BA74623965
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20969266
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 ドイツ語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想