シーボルト日記 : 再来日時の幕末見聞記

シーボルト 著 ; 石山禎一, 牧幸一 訳

シーボルト二度目の来日滞在中の日記である本書には、今も歴史に残る人物の暗殺や死にまつわる出来事などが克明に描かれている。もちろん瓦版のような噂話も中にはあるだろう。しかしそんなゴシップのようなものまでが、外国人であるシーボルトの耳にまで入っていたのだ。もちろん、自然科学者・医者としての植物・動物・人間観察、そして外国人ならではの江戸時代の風俗観察には目を見張る物があり、読みどころ満載の幕末日記である。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 一八六一年の独文日記(一八六一年一月一日〜四月十三日(長崎滞在)
  • 四月十四日〜四月十九日(長崎から横浜へ)
  • 四月二十日〜六月十七日(横浜滞在)
  • 六月十八日(横浜から江戸へ)
  • 六月十九日〜八月二十六日(江戸滞在) ほか)
  • それ以前(一八五九・一八六〇年の「日記風雑記」より)(一八五九年八月六日(シーボルト二度目の来日)
  • 一八六〇年)
  • それ以後(一八六二年の「日記風雑記」より)(一八六二年一月一日〜一月十三日(横浜滞在)
  • 一月十四日〜一月二十三日(横浜から長崎へ)
  • 一月二十四日〜五月六日(長崎滞在)
  • 五月七日(長崎から帰国の途へ))
  • 覚書き(日付不明のもの)
  • 一八六一年出島版、蘭日便覧付日記帳

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 シーボルト日記 : 再来日時の幕末見聞記
著作者等 Siebold, Philipp Franz von
牧 幸一
石山 禎一
書名ヨミ シーボルト ニッキ : サイ ライニチジ ノ バクマツ ケンブン キ
書名別名 Shiboruto nikki
出版元 八坂書房
刊行年月 2005.11
ページ数 398, 8p
大きさ 22cm
ISBN 4896948556
NCID BA74607040
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21043689
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 ドイツ語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想