子どもの脳を育てる栄養学

中川八郎, 葛西奈津子 著

世の中栄養ブーム。でも、いくら食べても身につかないものがあること、知っていますか?脳と脳以外の体の部分では、必要な栄養素やその使われ方がずいぶん違います。心や知性を育むには、脳独自の栄養学が必要です。とくに脳が完成する12歳頃までは重要。栄養が脳の発育に及ぼす影響を出来るだけ平易に解説した、「頭のよい子」を育てる「頭のよいお父さん、お母さん」のための栄養学。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 脳を育てる栄養学入門-脳とからだは違う(栄養に敏感な一二歳までの脳
  • 脳の栄養の鍵を握る血液・脳関門
  • 大食漢の脳を養うには一日三食におやつをプラス ほか)
  • 第2部 脳に効く栄養学(神経情報の担い手、神経伝達物質の栄養学
  • 脳を磨く脂肪
  • 良いミネラル、怖いミネラル ほか)
  • 第3部 だれも語らなかった子どものための栄養学(母乳は子どもの成長に最適かつ必須のスーパー栄養食
  • 子どもの栄養は子どもの立場で考えよう
  • 子どもには規則正しい生活を-体内時計と脳の話)
  • 第4部 付録

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 子どもの脳を育てる栄養学
著作者等 中川 八郎
葛西 奈津子
書名ヨミ コドモ ノ ノウ オ ソダテル エイヨウガク
シリーズ名 学術選書 2
出版元 京都大学学術出版会
刊行年月 2005.12
ページ数 285p 図版4p
大きさ 19cm
ISBN 4876988021
NCID BA74589051
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20952086
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想