自己と他者の社会学

井上俊, 船津衛 編

自己意識や自己イメージは、社会の中で、他者とのかかわりを通して形成され、社会や他者とのかかわりの中で絶えず変化していく。「社会現象」としての「私」に着目し、社会学的アプローチの魅力を明らかにする現代的テキスト。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1部 「私」を社会学する(認識する私
  • 期待される私
  • 演じる私
  • 感じる私-感情の社会学
  • 物語る私
  • 意味を求める私
  • 私を変える)
  • 2部 「他者」とのかかわり(親密なかかわり
  • 電子メディア上のかかわり
  • ヴァーチャルな他者とのかかわり-模倣という快楽と自己承認
  • "視線"としての他者-ファッションをめぐって
  • かかわりの病理
  • 「異質な他者」とのかかわり
  • ボランティアというかかわり)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 自己と他者の社会学
著作者等 井上 俊
船津 衛
書名ヨミ ジコ ト タシャ ノ シャカイガク
シリーズ名 有斐閣アルマ specialized
出版元 有斐閣
刊行年月 2005.12
ページ数 276p
大きさ 19cm
ISBN 464112275X
NCID BA74583736
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20956817
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想