マラケシュの贋化石 : 進化論の回廊をさまよう科学者たち  上

スティーヴン・ジェイ・グールド 著 ; 渡辺政隆 訳

贋作化石に刻まれた進化学の魅力ここにあり。グールド得意の蘊蓄を織り交ぜて、深遠な科学の世界に読者をいざなう大人気科学エッセイ最新刊。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 古生物学誕生にまつわる逸話-化石の正体と地球の歴史(マラケシュの贋化石
  • 山猫の眼光をも出し抜いた自然
  • 陰門石はいかにして腕足動物になりしか)
  • 第2部 創造の現在-三人の偉大なフランス人科学者は革命の時代にいかにして自然史学を確立したか(発明された博物学の文体
  • ラヴォアジエの図版は語る
  • パリで育つ樹木-ラマルクによる蠕虫の区分と自然の再生)
  • 第3部 ダーウィンの世紀と現代-ヴィクトリア朝英国の四大ナチュラリストに学ぶ教訓(ライエルの知恵の柱)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 マラケシュの贋化石 : 進化論の回廊をさまよう科学者たち
著作者等 Gould, Stephen Jay
渡辺 政隆
グールド スティーヴン・ジェイ
書名ヨミ マラケシュ ノ ニセ カセキ : シンカロン ノ カイロウ オ サマヨウ カガクシャタチ
書名別名 The lying stones of Marrakech

Marakeshu no nise kaseki
巻冊次
出版元 早川書房
刊行年月 2005.11
ページ数 255p
大きさ 20cm
ISBN 4152086858
NCID BA74579149
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20946976
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想