地球儀の社会史 : 愛しくも、物憂げな球体

千田稔 著

地球儀の誕生から万博まで-われわれの生きる球体は、どう描かれてきたか。「地球」の発見とその思想。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 地球儀の新しい物語へ
  • 1 地球儀の誕生-王権と海と
  • 2 日本史の中の地球儀-世界への窓口
  • 3 地球儀という表象
  • 4 征服の野望と地球儀
  • 5 地理教育と地球儀
  • 終章 地球儀というメディア

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 地球儀の社会史 : 愛しくも、物憂げな球体
著作者等 千田 稔
書名ヨミ チキュウギ ノ シャカイシ : イトシクモ モノウゲナ キュウタイ
シリーズ名 叢書・地球発見 1
出版元 ナカニシヤ
刊行年月 2005.12
ページ数 185p
大きさ 19cm
ISBN 477950001X
NCID BA7457877X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20971796
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想