南方熊楠と「事の学」

橋爪博幸 著

南方熊楠の思想に迫る。真言僧・土宜法龍宛ての書簡に秘められた熊楠の思想の今日的可能性を展望する。無限に広がる熊楠の宇宙と、その核心を照らす意欲的な試み。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 「事の学」と「心内の快楽」(二つの萌芽
  • 「心内の快楽」をめぐって)
  • 「燕石考」から導かれた科学と宗教(まぼろしの著作「燕石考」
  • 科学論-「燕石考」から生まれた科学
  • 「燕石考」の執筆が「心内の快楽」を生んだ ほか)
  • 熊野の森、曼陀羅の世界(失意の底
  • 神秘的な体験
  • 大日如来と無数の如来 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 南方熊楠と「事の学」
著作者等 橋爪 博幸
書名ヨミ ミナカタ クマグス ト コト ノ ガク
書名別名 Minakata kumagusu to koto no gaku
出版元 鳥影社・ロゴス企画部
刊行年月 2005.11
ページ数 260p
大きさ 22cm
ISBN 4886299318
NCID BA74554159
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21038117
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想