映画に学ぶスポーツ社会学

杉本厚夫 著

スポーツについて私たちに衝撃的なメッセージを送ってくれる12本の映画を"案内人"として、現代社会においてあまりに自明となった「スポーツ」をあらためてとらえなおすと、どんな世界がみえるだろう。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • アマチュアリズムの行方-「炎のランナー(Chariots of Fire)」
  • 教育としてのスポーツ-「がんばれ!ベアーズ(The Bad News Bears)」
  • スポーツにみるジェンダー-「プリティ・リーグ(A League of Their Own)」
  • ファンがつくるスポーツ文化-「エディー 勝利の天使(Eddie)」
  • メディアによってつくられるスポーツ文化-「ヒーローインタビュー」
  • スポーツの近代化とつくられる伝統-「シコふんじゃった。」
  • なんのためのスポーツか-「Shall weダンス?」
  • スポーツの美学「勝利」と「挑戦」-「ティン・カップ(Tin Cup)」
  • 障害者スポーツの悩み-「遥かなる甲子園」
  • グローバリゼーションとナショナリズム-「ミスター・ベースボール(Mr.Baseball)」
  • スポーツビジネスの台頭-「エニイ・ギブン・サンデー(Any Given Sunday)」
  • スポーツの大衆化と若者文化-「私をスキーに連れてって」

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 映画に学ぶスポーツ社会学
著作者等 杉本 厚夫
書名ヨミ エイガ ニ マナブ スポーツ シャカイガク
書名別名 Eiga ni manabu supotsu shakaigaku
出版元 世界思想社
刊行年月 2005.12
ページ数 248p
大きさ 19cm
ISBN 4790711552
NCID BA74513570
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20957692
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想