「白い光」のイノベーション : ガス灯・電球・蛍光灯・発光ダイオード

宮原諄二 著

初めて燃える炎を手に入れてから19世紀の半ばまで、人類は50万年もの長い長い間、炎の黄色い明かりに甘んじてきた。最初の「白い光」の光源である白熱ガス灯以来150年。白熱電球、白色蛍光灯、白色発光ダイオードはどれも、昼間の太陽の光と同じように夜の街や室内を明るく照らし、安価に大量生産されて暮らしを変えた。それだけではない。新しい産業と市場をつくりだし、他方これまで盛んだった産業を衰退させた。たとえば勃興期の石油産業は、ガス灯や電球によって明かりの燃料としてのニーズを失い、石炭産業に駆逐された。自動車の普及までの数十年、雌伏を余儀なくされる。小さな発明はどのようにして発明を超え、時代を変える「事件」となるのだろう。「イノベーション」を軸にたどる人と明かりの歴史。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • プロローグ 明かりはとても大切だという話
  • 第1話 太陽の白い光
  • 第2話 炎の黄色い光-オイルランプ・ロウソク・ガス灯
  • 第3話 炎の白い光-白熱ガス灯
  • 第4話 電気の熱い白い光-白熱電球
  • 第5話 ルミネセンスの白い光-白色蛍光灯
  • 第6話 量子の白い光-白色発光ダイオード
  • エピローグ 不思議な光/白い光はどこへ

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 「白い光」のイノベーション : ガス灯・電球・蛍光灯・発光ダイオード
著作者等 宮原 諄二
書名ヨミ シロイ ヒカリ ノ イノベーション : ガストウ デンキュウ ケイコウトウ ハッコウ ダイオード
書名別名 Shiroi hikari no inobeshon
シリーズ名 朝日選書 790
出版元 朝日新聞社
刊行年月 2005.12
ページ数 279p
大きさ 19cm
ISBN 4022598905
NCID BA74510878
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20954543
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想