最適課税と環境税の経済分析

鎌苅宏司, 村田安雄 著

市場メカニズムにおける望ましい租税政策をわかりやすく解説するため、最適課税および環境税について、特に米国の環境政策を含めた最新トピックスを詳細に分析した労作。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 価格変化の基礎的分析
  • 第1部 消費税・所得税の最適課税と厚生損失(消費財課税による厚生損失
  • 労働所得税のMCF
  • 消費税と労働所得税のMWCとMCF
  • 線形の最適労働所得税
  • 最適消費税の新「逆弾力性命題」)
  • 第2部 環境政策と最適環境税(米国での環境政策、特に排出許可証制度
  • 環境補助金の効果
  • 独占企業と寡占企業に対する最適環境税
  • 不確実性の下での環境政策の選択
  • 消費財への環境税の最適税率と厚生効果 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 最適課税と環境税の経済分析
著作者等 村田 安雄
鎌苅 宏司
書名ヨミ サイテキ カゼイ ト カンキョウゼイ ノ ケイザイ ブンセキ
出版元 中央経済社
刊行年月 2005.11
ページ数 240p
大きさ 21cm
ISBN 4502656208
NCID BA74488134
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20929383
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想