銀行の機能と法制度の研究 : 日米の金融制度の形成と将来

木下信行 著

銀行の機能の本質は何か。法制度の持つ役割とは。金融の激変を体験した担当官が、法と経済学の議論を踏まえメカニズムを解明する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 情報と銀行
  • 第1章 銀行の機能と倒産制度
  • 第2章 銀行の機能と金融商品の評価
  • 第3章 銀行の機能とコミュニケーション
  • 第4章 銀行の機能と金融制度
  • 終章 金融制度の進化

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 銀行の機能と法制度の研究 : 日米の金融制度の形成と将来
著作者等 木下 信行
書名ヨミ ギンコウ ノ キノウ ト ホウセイド ノ ケンキュウ : ニチベイ ノ キンユウ セイド ノ ケイセイ ト ショウライ
出版元 東洋経済新報社
刊行年月 2005.12
ページ数 301p
大きさ 22cm
ISBN 4492653643
NCID BA74478968
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20943262
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想