具体的なジレンマからみた看護倫理の基本

坪倉繁美 責任編集

いま、看護教育でのキーワードは「リスクと倫理」だと言われる。服従か主張か、真実を言うべきか偽りに与するのも方便か。看護師としての倫理観が問われる様々な場面。ジレンマの事例を通して看護師の目指すべき姿を問う、今までなかった看護倫理を考える本。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 総論(看護倫理を学ぶ意義
  • 看護倫理とは
  • 看護倫理を考える前に押さえておきたい諸要素)
  • 第2章 具体的なジレンマ事例(明確にすべきか曖昧のままでよいか
  • 真実を言うべきか偽りも方便か
  • 本人の利益か家族の利益か
  • 患者のニーズ優先か専門家の根拠優先か ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 具体的なジレンマからみた看護倫理の基本
著作者等 坪倉 繁美
書名ヨミ グタイテキナ ジレンマ カラ ミタ カンゴ リンリ ノ キホン
シリーズ名 BN books
出版元 医学芸術社
刊行年月 2005.12
ページ数 199p
大きさ 22cm
ISBN 4870542587
NCID BA74463064
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20947693
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想