道元 : 自己・時間・世界はどのように成立するのか

頼住光子 著

"みづからをしらんことをもとむる"ことを徹底的に追究し、言語超越的な世界の真相に迫った、哲学者・道元のスリリングな知的営為を鮮やかに読み解く好著。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 真理と言葉(道元における二種の言語
  • 真理をどう表現するか ほか)
  • 第2章 言葉と空(主観の構図-「一水四見」
  • 「空」について)
  • 第3章 自己と世界(「青山常運歩」とはどのような事態か
  • 自己と全体世界との関係)
  • 第4章 「さとり」と修行(「同時成道」について
  • 「修証一等」とは何か ほか)
  • 第5章 時・自己・存在(「有時」について
  • 自己と時 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 道元 : 自己・時間・世界はどのように成立するのか
著作者等 頼住 光子
書名ヨミ ドウゲン : ジコ ジカン セカイ ワ ドノヨウニ セイリツスルノカ
シリーズ名 シリーズ・哲学のエッセンス
出版元 日本放送出版協会
刊行年月 2005.11
ページ数 126p
大きさ 19cm
ISBN 4140093285
NCID BA74401078
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20944183
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想