美はなぜ乱調にあるのか : 社会学的考察

大澤真幸 著

個人の孤独な作業とされる芸術は、根底に「他者」を抱えもっている。芸術の根源的社会性を明確にするとともに、この「他者」のありようが、どのように「近代」の変容を規定してきたかを厳密な論理でたどりなおす。現代日本をリードする社会学者による初の本格的芸術論。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序 美における乱調-芸術と社会学
  • 1 視覚の近代史(「精神=身体」のパースペクティヴ
  • 二人の天使-『複製技術時代の芸術』再論
  • 工芸的な過剰としての美術
  • 闇-描くことの条件)
  • 2 映画と連帯主義の逆説(連帯と愛の特異な可能性-ロブ・ニルソン
  • 私は私ではない-ジョン・カサヴェテス
  • Ghost in the Patlabor-押井守)
  • 3 音楽と合理主義の逆説(突然の転調-モーツァルトの弦楽五重奏曲ト短調
  • 合理化の反転像としての現代音楽)
  • 4 スポーツと資本主義の逆説(サッカーと資本主義
  • イチローの三振する技術)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 美はなぜ乱調にあるのか : 社会学的考察
著作者等 大沢 真幸
大澤 真幸
書名ヨミ ビ ワ ナゼ ランチョウ ニ アルノカ : シャカイガクテキ コウサツ
書名別名 Bi wa naze rancho ni arunoka
出版元 青土社
刊行年月 2005.12
ページ数 250p
大きさ 20cm
ISBN 4791762444
NCID BA74361042
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21036213
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想