日弁連人権侵犯申立事件警告・勧告・要望例集  4(1988-2004年度)

日本弁護士連合会人権擁護委員会 編

本書は一九八八年から二〇〇五年三月までの日本弁護士連合会(以下「日弁連」という)の人権擁護委員会が調査し、日弁連が行った人権事件警告・勧告・要望例をまとめたもので、一九九七年の「人権事件警告・要望例集」の続編である。本書には、様々な分野での人権侵害とその救済の一〇四の事例が掲載されている(第四巻と第五巻の合計)。扱った人権の裾野は広く、我が国の人権問題を考えるに、よき素材を提供するものである。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 行政・制度による侵害(行政・制度による侵害
  • 行政機関等による名誉・プライバシー等の侵害 ほか)
  • 2 捜査機関による侵害(警察官による弁護士の不当逮捕(警告・要望)
  • 警察官による少年に対する不当な逮捕状請求及び身柄拘束(警告) ほか)
  • 3 裁判所による侵害(最高裁判所における車イス使用の障害者及び聴覚障害者に対する傍聴制限(要望)
  • 司法修習採用時における国籍条項及び逮捕歴・起訴歴による差別(要望) ほか)
  • 4 刑務所・拘置所による侵害(拘置所による死刑確定者と親族との間の接見及び信書発受制限(勧告)
  • 拘置所における不当処遇と自殺防止房の改善(勧告) ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 日弁連人権侵犯申立事件警告・勧告・要望例集
著作者等 日本弁護士連合会
日本弁護士連合会人権擁護委員会
書名ヨミ ニチベンレン ジンケン シンパン モウシタテ ジケン ケイコク カンコク ヨウボウレイシュウ
巻冊次 4(1988-2004年度)
出版元 明石書店
刊行年月 2005.11
ページ数 1252p
大きさ 22cm
ISBN 4750322202
NCID BA74356891
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20976305
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想