心理学研究法 : データ収集・分析から論文作成まで

大山正, 岩脇三良, 宮埜壽夫 共著

つかみどころのない「心」を対象とする心理学ではどのような研究法が用いられるのでしょうか?本書は、自然科学から学びつつ独自の発展を遂げてきた心理学の研究法を、方法別に簡潔に分かりやすくまとめた決定版です。入門から研究論文の執筆まで、参照可能な座右の書として最適です。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 心理学研究法の特色
  • 観察法・面接法・実験法
  • 質問紙法
  • セマンティック・ディファレンシャル法(SD法)
  • 反応時間測定法
  • 心理検査法
  • 精神物理学的測定法
  • データ解析の基礎
  • 実験計画・検定:分散分析
  • 相関と回帰
  • 因子分析
  • 多次元尺度構成
  • カテゴリーの数量化
  • 研究論文の書き方

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 心理学研究法 : データ収集・分析から論文作成まで
著作者等 宮埜 寿夫
大山 正
宮埜 寿夫
岩脇 三良
書名ヨミ シンリガク ケンキュウホウ : データ シュウシュウ ブンセキ カラ ロンブン サクセイ マデ
書名別名 Shinrigaku kenkyuho
シリーズ名 コンパクト新心理学ライブラリ / 梅本尭夫, 大山正 監修 12
出版元 サイエンス社
刊行年月 2005.11
ページ数 295p
大きさ 19cm
ISBN 4781911080
NCID BA74356246
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20949638
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想