日常を生きる教育論

渡辺重範 著

災害や戦争によって一瞬にして奪われる日常。日常のかけがえのなさを教育はどのように伝えるか。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 雨に「昨日」を想い、風に「明日」を思う(「昨日の世界」と「惜別の歌」-「耳順う年」を迎えて想う
  • 「グーとパー、どれも直球、ただ俺のサインに首を振れ」-早慶戦百周年の日に早稲田・渋谷シンガポール校の皆様に心をこめて
  • 「スギハラ通り」とイマヌエル・カントの故郷「ケーニヒスベルク」-杉原千畝「命のビザ」と与謝野晶子「君死にたまふことなかれ」 ほか)
  • 2 かけがえのない「日常生活」と「生活の知恵」(「一本の竹」と「稲むらの火」-早稲田実業学校吹奏楽部第三三回定期演奏会に寄せて
  • 「身土不二」、「結のあした」と「生活の知恵」-関西・瀬戸内教室に寄せて
  • 「家の作りやうは、夏をむねとすべし」-「立俗の文化」と「坐俗の文化」 ほか)
  • 3 個人の日常の「小状況」から社会・国家の「大状況」へ(被爆したという「事実」、その事実を認めない「国家」、死んでいく「被災者」-ビキニ環礁水爆実験五〇年
  • 「二十年つひにきかざる汝が唇に死出の化粧の紅は濃すぎる」-「水俣病関西訴訟」上告審判決(二〇〇四年一〇月一五日)に寄せて
  • バナナ、エビ、マグロから見る食生活-飢餓の時代から飽食の時代まで ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 日常を生きる教育論
著作者等 渡辺 重範
書名ヨミ ニチジョウ オ イキル キョウイクロン
書名別名 Nichijo o ikiru kyoikuron
出版元 早稲田大学出版部
刊行年月 2005.10
ページ数 201p
大きさ 20cm
ISBN 4657059211
NCID BA74347813
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20944603
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想