メディアと制度

ダニエル・フット, 長谷部恭男 編

情報化社会を見据えた、新しい"法"のかたち 情報化の進展は法システムをどのように変えるのか?最新の問題"メディアと法"に迫る。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 日本社会の情報化と透明性(日本法の透明性-アメリカ法との比較において
  • 「電子消費者契約」における消費者の意図しない意思表示について-情報化社会における法形成のあり方の観点から
  • カナダにおける民間の個人情報保護
  • サイバー犯罪条約への実体法上の対応)
  • 2 メディア規制の諸相(ユビキタス時代における「サイバー法」概念の展開-表現の自由の価値意識から
  • 公共放送の「役割」と「制度」
  • グローバル化の中の通信規制)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 メディアと制度
著作者等 Foote, Daniel Harrington
佐伯 仁志
宇賀 克也
宍戸 常寿
山口 いつ子
森田 宏樹
長谷部 恭男
Foote Daniel H.
東京大学大学院法学政治学研究科・学術創成プロジェクト「ボーダーレス化時代における法システムの再構築」研究会
フット ダニエル・H.
書名ヨミ メディア ト セイド
書名別名 Media to seido
シリーズ名 融ける境超える法 / 渡辺浩, 江頭憲治郎 編集代表 4
出版元 東京大学出版会
刊行年月 2005.11
ページ数 179p
大きさ 22cm
ISBN 4130350447
NCID BA7434591X
BA74940312
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20967142
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想