バルザック生命と愛の葛藤

加藤尚宏 著

『あら皮』の護符に宿る生命の神秘、『谷間の百合』の愛と憂愁に悩むモルソーフ夫人など、19世紀前半フランスのあらゆる社会階級に生きる男女の情熱が織りなす人生(特に女性)の縮図を克明に読み解いた著者の長年にわたるバルザック論の集大成。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 『ふくろう党』
  • 『オノリーヌ』
  • 『村の司祭』
  • 『田舎ミューズ』
  • 『あら皮』
  • 『谷間の百合』
  • 『捨れられた女』
  • 『アルベール・サヴァリュス』
  • 『ソーの舞踏会』
  • 『二重の家庭』
  • 『二人の若妻の手記』
  • 『偽りの愛人』
  • 『エヴァの娘』
  • 罪と贖い
  • 『村の司祭』の舞台
  • 認識
  • 自然

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 バルザック生命と愛の葛藤
著作者等 加藤 尚宏
書名ヨミ バルザック セイメイ ト アイ ノ カットウ
出版元 せりか書房
刊行年月 2005.11
ページ数 481, 27p
大きさ 22cm
ISBN 4796702679
NCID BA74340199
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20919540
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想