世界の読解可能性

ハンス・ブルーメンベルク [著] ; 山本尤, 伊藤秀一 訳

世界を神の偉大な「著書」にたとえ、その読解可能性を模索する歴史を、古典古代から現代に至るまで独自の「メタファー学」の観点から分析。人間の自己理解、世界理解にとってのメタファーの機能とその役割を解き明かす。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 経験可能な全体のためのメタファー
  • 書物世界と世界書物
  • 書物としての天上、天上の書物
  • 字母の比喩
  • 啓示の書物と自然という書物、後者の台頭と遅滞
  • 世界という書物の読者としての文盲の俗人
  • 神の二つの書物は一致する
  • 読解可能性の不均衡
  • 人間世界の暗号化と解読
  • 世界の年代記、あるいは世界の公式〔ほか〕

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 世界の読解可能性
著作者等 Blumenberg, Hans
伊藤 秀一
山本 尤
ブルーメンベルク ハンス
書名ヨミ セカイ ノ ドッカイ カノウセイ
書名別名 Die Lesbarkeit der Welt
シリーズ名 叢書・ウニベルシタス 831
出版元 法政大学出版局
刊行年月 2005.11
ページ数 449, 44p
大きさ 20cm
ISBN 4588008315
NCID BA74333783
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20962687
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 ドイツ語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想