マンダラの諸相と文化  下(胎蔵界の巻)

頼富本宏博士還暦記念論文集刊行会 編

この本の情報

書名 マンダラの諸相と文化
著作者等 頼富 本宏
頼富本宏博士還暦記念論文集刊行会
書名ヨミ マンダラ ノ ショソウ ト ブンカ : ヨリトミ モトヒロ ハクシ カンレキ キネン ロンブンシュウ
書名別名 頼富本宏博士還暦記念論文集
巻冊次 下(胎蔵界の巻)
出版元 法藏館
刊行年月 2005.11
ページ数 847p
大きさ 22cm
NCID BA74312794
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21078621
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

著作名 著作者名
「聖教」の伝承について 早島理
「還浄」の出典解釈に関する批判的考察 沖和史
『入菩提行論』禅定章の構成について 石田智宏
『十二門論』における因中有果論・無果論の否定. 1 五島清隆
『日葡辞書』に記された子どもの姿 向井啓二
『荘子』の斉物思想 橋本昭典
コスモスの形と"幾何マンダラ" 川本昌子
シャル寺版チベット牧象図再考 能仁正顕
チベット文化圏の服飾文化について 森田登代子
パーリ語経典韻文中のmandalaについて. 1 橋本哲夫
三種類の不二摩訶衍と三十三種法門の体系について 早川道雄
介護保険は定着したのか 小寺鐵也
仏教思想・文献篇
仏教思想・歴史篇
仏教美術・図像篇
個から総合へ 坂本廣博
分析心理学におけるマンダラ象徴表現 渡辺学
前期仏教石窟寺院の諸相 平岡三保子
十九世紀末南インドから起きた仏教復興運動について 彦坂周
南インドの転輪聖王の図像 宮治昭
南詔・大理国時代の観音像の現存作例について 今井淨圓
古典文学にみる「曼荼羅」の諸相 横谷一子
台湾東北部における葬送儀礼 田中文雄
大乗経典に引用される阿シュク仏信仰の役割 佐藤直実
大燈国師の寺規 竹貫元勝
宗教と人間の心 藤井龍和
少子化と次世代育成支援対策の現状について 明石隆行
幼児教育における仏の世界 吉田実盛
後藤新平の防貧論について 宮城洋一郎
御本尊「流記」考 直林不退
慶州南山茸長渓法堂谷寺址出土の石造如来坐像について 水野さや
文化・民俗篇
新出・「銀山礼善寺・井原満行寺・矢上坂寺」巡錫記 朝枝善照
東南アジアに伝承された独自のジャータカ文学の発掘 吉元信行
毘盧遮那と釈迦 長谷川岳史
河内長野金剛寺一切経管見 赤尾栄慶
浄土三曼荼羅の再受容 藤澤隆子
猿島阪東三十三観音霊場と巳歳総開帳 白木利幸
生活を閉塞させる「診断・治療」への疑問 宮崎隆太郎
痴呆と喪失感 小澤勲
白河・鳥羽両院の白衣観音信仰とその造像 津田徹英
砂に仏のかたちをかきあらはして 龍口恭子
福祉・教育篇
西チベットにおける地中海世界起源の唐草文について 安元剛
観自在菩薩の図像と説話 佐久間留理子
言語学のマンダラ的考察 川崎明仁
金福寺の「略系図」をめぐって 左右田昌幸
障害者福祉施設再編に関する考察 滝村雅人
韓国・慶州石窟庵の諸仏像に関する図像学的研究 朴亨國
鹿苑寺の食生活 吉田元
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想