対話・心の哲学 : 京都より愛をこめて

冨田恭彦 著

「我思う、ゆえに我あり」って、本当はそういうことだったんだ!デカルト、ロック、カントらの「心の哲学」が、フッサール、クワイン、ローティら現代の哲学者たちの最重要課題に、いかにつながるのか。楽しくわかりやすい対話で読み解く。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 おまかせのデカルト(ブリティッシュ・ライブラリー
  • なぜかイデア論 ほか)
  • 第2章 そして京都(勧修寺での再会
  • 懐疑再び ほか)
  • 第3章 これがロックです(ロック
  • 知覚表象説の否定的評価 ほか)
  • 第4章 なにかが変わった(生島の研究室
  • ライルのデカルト批判 ほか)
  • 第5章 基礎づけ主義再考(仕事始めの日に
  • フッサールの反自然主義 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 対話・心の哲学 : 京都より愛をこめて
著作者等 富田 恭彦
書名ヨミ タイワ ココロ ノ テツガク : キョウト ヨリ アイ オ コメテ
書名別名 Taiwa kokoro no tetsugaku
シリーズ名 講談社現代新書
出版元 講談社
刊行年月 2005.11
ページ数 297p
大きさ 18cm
ISBN 4061498177
NCID BA7430855X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20933373
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想