法律家のためのキャリア論 : 変わりはじめた弁護士・役人・学者の世界

村上政博 著

弁護士は「とりあえず取得する資格」となる!?法科大学院創設により、法曹人口の量産時代が到来。司法制度改革は法律を扱う職業のあり方を大きく変えようとしている。有力弁護士は役人の中枢ポストに就き、学者としても活躍の場を広げる。弁護士の中でも多様なキャリアや経済的格差が生まれるだろう。従来、法律にまつわる職業は、「参入規制」と「すみわけ」で守られ、独特の世界を築いてきた。本書は、その実態と今後の展望を独自の体験を交えて描く。これから目指す人も必読の一冊。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 十年後の世界
  • 第1章 体験的職業論-国内弁護士、役人、学者の世界
  • 第2章 人気上昇中の法律家-渉外弁護士、裁判官、企業法務担当者の仕事
  • 第3章 法科大学院が変える法律家のキャリア-国内弁護士、役人、学者の将来像
  • 第4章 私の職業生活-独占禁止法の専門家へ
  • 第5章 理想のキャリア-人材流動化の時代

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 法律家のためのキャリア論 : 変わりはじめた弁護士・役人・学者の世界
著作者等 村上 政博
書名ヨミ ホウリツカ ノ タメノ キャリアロン : カワリハジメタ ベンゴシ ヤクニン ガクシャ ノ セカイ
シリーズ名 PHP新書
出版元 PHP研究所
刊行年月 2005.12
ページ数 232p
大きさ 18cm
ISBN 4569645348
NCID BA74303308
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20935488
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想