風景のなかの環境哲学

桑子敏雄 著

風景への人びとの感情、思い、行為に価値を見いだし、住民、企業、行政の対話による環境施策を提言。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 風景の向こうに見えるもの(景観と「空間の履歴」
  • 河川空間と霞堤の思想
  • 都市空間の想像力
  • 都市環境の豊かさとは何か)
  • 2 多様な価値の間の合意形成へ(空間の再編とコミュニケーションの組み換え
  • 創造的合意形成
  • 公共事業の新時代
  • 「立場」を超える価値)
  • 3 空間再編の思想(空間の意味論
  • 環境思想のめざすもの
  • 環境と公共性
  • 空間のなかの歴史と身体)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 風景のなかの環境哲学
著作者等 桑子 敏雄
書名ヨミ フウケイ ノ ナカ ノ カンキョウ テツガク
出版元 東京大学出版会
刊行年月 2005.11
ページ数 251, 3p
大きさ 20cm
ISBN 4130130242
NCID BA74261241
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20970199
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想