プリオン説はほんとうか? : タンパク質病原体説をめぐるミステリー

福岡伸一 著

遺伝子を持たないタンパク質が感染・増殖するという新しい発病機構を提唱し、ノーベル賞を受賞したプルシナー。彼の唱えるプリオン説は、狂牛病対策など公衆衛生にも、重大な影響を持ち、科学的真実として受け入れられている。しかし、プリオン説はいまだに不完全な仮説であり、説明できない不可解な実験データも数多い。はたして、プリオン説は、ほんとうに正しいのか?ノーベル賞評価への再審請求。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 プルシナーのノーベル賞受賞と狂牛病
  • 第2章 プリオン病とは何か
  • 第3章 プリオン説の誕生
  • 第4章 プリオン説を強力に支持する証拠
  • 第5章 プリオン説はほんとうか-その弱点
  • 第6章 データの再検討でわかった意外な事実
  • 第7章 ウイルスの存在を示唆するデータ
  • 第8章 アンチ・プリオン説-レセプター仮説
  • 第9章 特異的ウイルス核酸を追って

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 プリオン説はほんとうか? : タンパク質病原体説をめぐるミステリー
著作者等 福岡 伸一
書名ヨミ プリオン セツ ワ ホントウカ : タンパクシツ ビョウゲンタイ セツ オ メグル ミステリー
シリーズ名 ブルーバックス B-1504
出版元 講談社
刊行年月 2005.11
ページ数 246p
大きさ 18cm
ISBN 4062575043
NCID BA74254246
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20932104
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想