唱歌・讃美歌・軍歌の始源

小川和佑 著

明治「文明開化期」に始まった新しい歌声を、近代文学の勃興と変遷の中でとらえた新機軸の書き下ろしエッセイ。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • プロローグ あまつましみづながれきて一讃美歌開化のメロディ
  • さくらの花の、さかゆる御代に…-新しき歌声・唱歌
  • 我は官軍我敵は…-「抜刀隊」マーチから軍歌へ
  • おもえば遠し故郷のそら-少年立志と望郷歌
  • 君が代は千代に八千代に-国家としての「君が代」
  • あはれすあしのおとめ子よ-異国のメロディを日本に
  • われは湖の子さすらいの-響け新しい歌声
  • 汽笛一声新橋を-近代文明への讃歌
  • 唄を忘れた金糸雀は-白秋、八十、雨情の童謡の時代
  • 叱られてあの子は町まで-抒情歌としての童謡
  • エピローグ 春のうららの隅田川-夭折の天才滝廉太郎の東京歌

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 唱歌・讃美歌・軍歌の始源
著作者等 小川 和佑
書名ヨミ ショウカ サンビカ グンカ ノ シゲン
出版元 アーツアンドクラフツ
刊行年月 2005.10
ページ数 286p
大きさ 20cm
ISBN 4901592300
NCID BA74211130
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20908355
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想