文字の経験 : 読むことと書くことの思想史

森田伸子 著

世界の孤児である私たちは、何らかの代補としての文字を必要とする。本書は、その様々な営為をふりかえる「文字の思想史」の試みである。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 読み書きができるということ(現代社会におけるリテラシー問題:米仏の事例から
  • 「文盲」という物語:二人の羊飼いの自伝から)
  • 第2部 文字をめぐる思想(啓蒙の光の中で:神の書物から人間の書物へ
  • 自然言語と文字:聾教育と手話の発見をめぐって
  • 公教育と文字の思想)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 文字の経験 : 読むことと書くことの思想史
著作者等 森田 伸子
書名ヨミ モンジ ノ ケイケン : ヨム コト ト カク コト ノ シソウシ
書名別名 Experiences of reading and writing
出版元 勁草書房
刊行年月 2005.10
ページ数 279, 2p
大きさ 20cm
ISBN 4326153857
NCID BA74200826
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20917444
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想