忘れても、しあわせ : 認知症の義母と暮らして

小菅もと子 著

夫や子供と暮らす平凡な主婦・もと子は、離れて暮らす義母と同居し、介護をすることになる。けれど、しっかり者だった義母は、次第に酷いわがままを繰り返すように。その原因が認知症(痴呆症)とわかり、著者は病気を治したい一心で駆けずりまわる。やがて、心と心を触れ合わせるうち、嫁である著者と義母の間に、親子にも似た不思議な絆が芽生えてゆく。そして、リハビリで始めた絵画に、義母は鮮やかな才能を見せ始め…。大事な人が痴呆になっても、幸せに生きるヒントを、あなたへ。感動の介護記録、待望の文庫化。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 どうどうめぐり
  • 第2章 病気の名は痴呆
  • 第3章 私はあやつり人形
  • 第4章 気分転換
  • 第5章 おだやかな日々
  • 第6章 かけがえのない命
  • 第7章 個展をやろう

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 忘れても、しあわせ : 認知症の義母と暮らして
著作者等 小菅 もと子
書名ヨミ ワスレテモ シアワセ : ニンチショウ ノ ギボ ト クラシテ
シリーズ名 角川文庫
出版元 角川書店
刊行年月 2005.9
ページ数 298p
大きさ 15cm
ISBN 4043798016
NCID BA74169930
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20898559
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想