公益と公共性 : 公益は誰に属するか

小坂直人 著

自由化はマイナスの影響もあり得る。電力や郵政などの公益事業やハーバーマスの議論をふまえて、公益と公共性の本質を探究する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 エネルギー・環境と規制緩和
  • 第2章 電力自由化時代のエネルギー産業
  • 第3章 有珠山噴火とインフラ整備のあり方
  • 第4章 電力自由化の基本問題
  • 第5章 公共圏論における公益事業の位相
  • 第6章 郵政事業の公社化と構造改革
  • 結 無灯火集落解消問題と公共性

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 公益と公共性 : 公益は誰に属するか
著作者等 小坂 直人
書名ヨミ コウエキ ト コウキョウセイ : コウエキ ワ ダレ ニ ゾクスルカ
書名別名 Koeki to kokyosei
出版元 日本経済評論社
刊行年月 2005.11
ページ数 221p
大きさ 21cm
ISBN 4818818046
NCID BA74157319
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20936581
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想