日本のニート・世界のフリーター : 欧米の経験に学ぶ

白川一郎 著

欧米先進国は二十年以上、若年雇用問題に取り組んできた。本書は英国のニューディール、ドイツのデュアルシステム、オランダのパート対策等の成功例・失敗例を検証し、教訓を導き出す。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 苦闘する世界の若者(苦境に立つ先進諸国の若者たち
  • 若年雇用悪化の背景
  • 高失業率と共存する欧米諸国
  • 先進諸国における若年雇用政策の特徴)
  • 第2章 先進諸国における若年雇用政策(英国
  • フランス
  • ドイツ)
  • 第3章 日本の若年雇用の何が問題なのか(若年雇用の実態
  • 若年層における構造的失業率の上昇
  • 非正規雇用への「ヒステレシス効果」とは?)
  • 第4章 変革を迫られる日本の教育・訓練システム(若年雇用政策不在の日本
  • 構造的失業率の上昇への対応
  • パートタイム労働者に対する均等条件の確保
  • 教育・訓練制度の問題点
  • 遅れている供給側の対応
  • セーフティネットの必要性)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 日本のニート・世界のフリーター : 欧米の経験に学ぶ
著作者等 白川 一郎
書名ヨミ ニホン ノ ニート セカイ ノ フリーター : オウベイ ノ ケイケン ニ マナブ
シリーズ名 中公新書ラクレ
出版元 中央公論新社
刊行年月 2005.11
ページ数 235p
大きさ 18cm
ISBN 4121501977
NCID BA74155608
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20952841
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想