環境と倫理 : 自然と人間の共生を求めて

加藤尚武 編

環境問題が関心を集めるなか、自然と人間の関係はどうあるべきかが問い直されている。自然の価値をいかに認識し、環境問題を考えていくべきだろうか。この問いに対する探究を進める"環境倫理学"の内容を、最新の議論と事例で解説する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 環境問題を倫理学で解決できるだろうか-未来にかかわる地球規模の正義
  • 人間中心主義と人間非中心主義との不毛な対立-実践的公共哲学としての環境倫理学
  • 持続可能性とは何か-開発の究極の限界
  • 文明と人間の原存在の意味への問い-水俣病の教訓
  • 環境正義の思想-環境保全と社会的平等の同時達成
  • 動物解放論-動物への配慮からの環境保護
  • 生態系と倫理学-遺伝的決定と人間の自由
  • 自然保護-どんな自然とどんな社会を求めるのか
  • 環境問題に宗教はどうかかわるか-人間中心から生命中心への"認識の枠組み"の変換
  • 消費者の自由と責任-対環境的に健全な社会を築くために
  • 京都議定書と国際協力-実効的なレジームの構築へ向けて
  • 環境と平和-戦争と環境破壊の悪循環

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 環境と倫理 : 自然と人間の共生を求めて
著作者等 加藤 尚武
書名ヨミ カンキョウ ト リンリ : シゼン ト ニンゲン ノ キョウセイ オ モトメテ
書名別名 Kankyo to rinri
シリーズ名 有斐閣アルマ Interest
出版元 有斐閣
刊行年月 2005.11
版表示 新版.
ページ数 283p
大きさ 19cm
ISBN 4641122660
NCID BA74153191
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20944503
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想