ことばと心理 : 言語の認知メカニズムを探る

石川圭一 著

本書は、ことばがどのように獲得、生成、理解、使用されるのか、その認知的・心理的メカニズムを解明しようとする試みを紹介し、課題について考察する。ことばが実際どのように処理されるのかという問題について、「音声」「語と文字」「文と文章の理解」「母語の獲得」「外国語の習得・学習」「言語と脳・思考・文化」という角度から考える。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 音声
  • 第2章 語と文字
  • 第3章 文と文章の理解
  • 第4章 母語の獲得
  • 第5章 外国語の習得・学習
  • 第6章 言語と脳・思考・文化

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ことばと心理 : 言語の認知メカニズムを探る
著作者等 石川 圭一
書名ヨミ コトバ ト シンリ : ゲンゴ ノ ニンチ メカニズム オ サグル
出版元 くろしお
刊行年月 2005.10
ページ数 155p
大きさ 21cm
ISBN 4874243339
NCID BA74110111
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20925737
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想