チベット史

ロラン・デエ 著 ; 今枝由郎 訳

憂いに満ちた神秘の国チベット。その激動の歴史を振り返る。秘められた宗教性と絡まる因果。近現代の混乱の根源は一体何か。ダライ・ラマが亡命にいたる経緯とは。参考資料・文献が充実した待望の決定版。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 人の国、神の国(「世界の屋根」
  • チベット帝国の誕生と崩壊(七‐九世紀) ほか)
  • 第2部 ダライ・ラマの時代(十五‐十九世紀)(戦争、仏教、ダライ・ラマ
  • 中国の宗主権 ほか)
  • 第3部 ダライ・ラマ十三世(一八七六‐一九三三)の治世(「世界の屋根」への競争(一八七六‐一九〇六)
  • 「龍」中国(一九〇五‐一一) ほか)
  • 第4部 現代チベット(黄昏(一九三四‐五九)
  • 亡命チベット、中国チベット)
  • エピローグ-鎮魂の歌か希望の歌か(人口の増加と減少
  • 宗教 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 チベット史
著作者等 Deshayes, Laurent
今枝 由郎
デエ ロラン
書名ヨミ チベットシ
書名別名 Histoire du Tibet
出版元 春秋社
刊行年月 2005.10
ページ数 410, 79p
大きさ 20cm
ISBN 4393118030
NCID BA74105337
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20911896
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 フランス語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想