労働審判制度 : 基本趣旨と法令解説

菅野和夫, 山川隆一, 齊藤友嘉, 定塚誠, 男澤聡子 著

増加する労働者個人と経営者との間の解雇や賃金不払いなどの労使紛争を迅速に解決するための新しいシステム「労働審判制度」。その内容を具体的に解説した、実務家必読の書。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1編 総論-労働審判制度の意義と基本趣旨(労働審判制度成立の意義
  • 労働審判制度成立の経緯
  • 労働審判制度の基本趣旨)
  • 第2編 各論-法律・規則の解説(労働審判法各条解説
  • 労働審判規則各条解説)
  • 資料編

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 労働審判制度 : 基本趣旨と法令解説
著作者等 山川 隆一
菅野 和夫
齊藤 友嘉
定塚 誠
男澤 聡子
齋藤 友嘉
書名ヨミ ロウドウ シンパン セイド : キホン シュシ ト ホウレイ カイセツ
書名別名 Rodo shinpan seido
シリーズ名 労働審判法
出版元 弘文堂
刊行年月 2005.10
ページ数 278p
大きさ 21cm
ISBN 4335353448
NCID BA7410358X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20917551
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想