近代日本の「手芸」とジェンダー

山崎明子 著

本書は、近代における女性の創造力と労働の国家的統治という視点から、手芸という誰もが知っており、しかも誰もが見過ごしてきた「女の手仕事」を初めて浮き彫りにした画期的な手芸論である。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 下田歌子の社会構想と手芸論(下田歌子の社会構想
  • 下田歌子の手芸論
  • 下田歌子の手芸論の位置づけ ほか)
  • 第2章 皇后の養蚕(「皇后の養蚕」の創出
  • 蚕糸業と皇后
  • 読み替えられる「皇后親蚕」のディスクール ほか)
  • 第3章 近代日本における手芸(近代日本における「手芸」概念
  • 「手芸」テキストにおけるディスクール
  • 「手芸」の奨励システム)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 近代日本の「手芸」とジェンダー
著作者等 山崎 明子
書名ヨミ キンダイ ニホン ノ シュゲイ ト ジェンダー
出版元 世織書房
刊行年月 2005.10
ページ数 377p
大きさ 22cm
ISBN 4902163225
NCID BA74095379
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21026831
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想