失敗百選 : 41の原因から未来の失敗を予測する

中尾政之 著

たとえば、旅客機「コンコルド」の墜落と、歩いている人が空き缶やバナナの皮ですべってころぶことは、同じ原因の失敗です。これらが同じであることを納得していただくために、まず、すべての失敗が41の原因から起こることを示します。このたったの41の項目を頭にきちんと入れれば、過去の失敗をくりかえさずにすむのです。そして、ケーススタディとして、どこかで聞いたことのある有名な失敗(タイタニック号の沈没、歌舞伎町雑居ビル火災、ニューヨーク世界貿易センタービル崩壊、チェルノブイリ原発の爆発、信楽高原鉄道の正面衝突、地下鉄サリン事件、など全178事例)をとりあげ、その失敗のシナリオをきちんとあかします。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 「失敗百選」とは何か(なぜ「失敗百選」を作ろうと思ったのか-なぜ「失敗ライブラリー」だけでは不十分なのか
  • 「失敗百選」をどうやって作ったか、その知識の特徴は何か、そして利用効果があったのか)
  • 第2部 「失敗百選」を学ぶ(技術的な要因で、しかも機械分野のエンジニアが少なくとも最初に考えるべき力学的な設計要因
  • 技術的な要因だが、普通は副次的に考えている使用時の設計要因
  • 技術的な要因だが、人間や組織との関係が強い設計要因
  • 技術だけではどうしようもない組織的な要因)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 失敗百選 : 41の原因から未来の失敗を予測する
著作者等 中尾 政之
書名ヨミ シッパイ ヒャクセン : 41 ノ ゲンイン カラ ミライ ノ シッパイ オ ヨソクスル
書名別名 100 scenarios of failure
出版元 森北
刊行年月 2005.10
ページ数 382p
大きさ 23cm
ISBN 4627664710
NCID BA74082537
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20924190
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想