渡り鳥から見た地球温暖化

中西朗 著

毎年のように続く猛暑・暖冬。本書は年々進む地球温暖化を渡り鳥の生態から探ったものである。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 問題をつかむまでの楽しさ
  • 第2章 瓢湖への白鳥飛来は、冬の使者か
  • 第3章 主な瓢湖への白鳥は、根室経由で新潟へ
  • 第4章 ハバロフスク寒気団強いほど、瓢湖への白鳥飛来数は増えるか
  • 第5章 環境庁で数えた日本の白鳥観察数と地球温暖化における、ハバロフスク寒気団
  • 第6章 繁殖地の地球温暖化で、日本への渡り鳥は増える
  • 第7章 渡り鳥も消えていく恐れ
  • 第8章 地球温暖化から渡り鳥を保全しよう

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 渡り鳥から見た地球温暖化
著作者等 中西 朗
書名ヨミ ワタリドリ カラ ミタ チキュウ オンダンカ
書名別名 Wataridori kara mita chikyu ondanka
出版元 中西朗 : 成山堂書店
刊行年月 2005.10
ページ数 160, 4p
大きさ 19cm
ISBN 4425512111
NCID BA74078813
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20920872
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想