共通の土台を求めて : 多元化社会の公教育

デイヴィッド・タイヤック 著 ; 黒崎勲, 清田夏代 訳

かつて名著『The One Best System』を著してアメリカ教育史の叙述を一新した著者が、広く深い歴史的分析の視野から、多元的価値の尊重と民主主義的共通性の探求の間にある葛藤を跡づけた。教育改革の動向に新たな展望を示す最新作。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 統一性(市民のための学校:共和制の維持
  • 愛国主義的な文献:歴史教科書)
  • 第2部 外様性(同一なのか異なっているのか:学校政策と社会的多義性
  • 完全に間違った訓練:生徒と学校の不一致)
  • 第3部 民主主義(教育における民主主義:誰がそれを必要とするのか?
  • 選択についての諸選択:単純な解決などはない)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 共通の土台を求めて : 多元化社会の公教育
著作者等 Tyack, David B
Tyack, David B.
清田 夏代
黒崎 勲
Tyack David
タイヤック デイヴィッド
書名ヨミ キョウツウ ノ ドダイ オ モトメテ : タゲンカ シャカイ ノ コウキョウイク
書名別名 Seeking common ground
出版元 日日教育文庫
刊行年月 2005.9
ページ数 207, 39p
大きさ 22cm
ISBN 4886835600
NCID BA74071916
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21004717
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想